羽毛布団・ダウンジャケットのお洗濯-その2

こんにちは!
オープンして2回目の週末を、おかげさまで無事に迎えております!

洗濯機全台100円キャンペーン、
たくさんのお客様にご利用いただいております。
本当にありがとうございます。


さて。先週アップした、我が家の「大物洗い」レポートの続編をはじめます(笑)。

まずは、乾燥機のご紹介です。
当店には、23キロ乾燥機を1台、14キロ乾燥機を6台、設置しています。

家庭用の乾燥機はたいてい電気を使っていますが、
業務用の大型乾燥機の熱源は、ガス。
ガスは、温度もパワーも迫力あります!
それぞれの乾燥機の扉には、どれくらいの量を入れるのが適当なのか、
だいたいの目安が示されています。

大きめのマシンのなかで温かい空気を含んだ洗濯物が、回りながら乾くのが理想です。
ですから、乾燥機は3分の1位が適量となります。

19分で仕上がった洗濯物を、乾燥機に入れるところからレポート、スタート!

(どんなものをどれくらい洗ったかは、前回のブログをご覧ください。)

私は「掛け敷きシーツと綿毛布」(写真左)と、
「羽毛布団&ダウンジャケット」(写真右)
の2チームに分けてみました。

b0330413_133313100.jpg


14㌔乾燥機は、100円で10分回ります。(23キロは100で8分)

最初にお金を入れて、温度を設定してスタート!

効率よく乾かすために、「高温」に設定し、
「綿チーム」には400円、「羽毛チーム」には500円を入れました。

(最初に少なめのお金を入れて後から100円ずつ足していく方法ですと、ちょっと損になるようです。
最後の1分ほどはクールダウンに入ってしまうからです。)


それではここで、大物洗いのワンポイント・アドバイス!

乾燥機の扉は、作動中にも開けられます。(もちろんちょっと熱いので、ご注意ください)
洗濯物同士が絡まっていないか? 丸まっていないか?
確認しがてら、何度かほぐしてあげると、少し早く乾くのでおススメです。
ほぐした後は、再びスタートボタンを押して乾燥、再開!


何度か扉を開け、ほぐして30分後。
乾燥機から、ダウンジャケットと、シーツ類だけ先に取り出しました。

b0330413_13344696.jpg


掛け用の2枚重ねののシーツ、よく乾いています。

ダウンジャケットは2着ともファスナーを閉めて洗い、
乾燥の最中に扉を開けて、ジャケットの裏表をひっくり返しました。
出したときはアツアツですが、
ユニクロのベストのツルツルした表生地も問題なしで、
新品みたいにキレイになりました。

b0330413_1334870.jpg


ただ、ご注意いただきたいこともございます。
私は今回、高温で乾燥をさせましたが、お客様にとって特別に大切なもの、
また高級品などの場合、温度設定は、お客様ご自身のご判断でお願い致します!

話をもとに戻して20分後。
設定した乾燥時間が終わりました。

羽毛布団の場合は7、8割方乾燥機で乾かし、あとはお家で陰干しするのがよいとも言われています。
とはいえ、我が家は上池台店から少しし離れたところにありますので、
100円分くらい長めに乾燥機を回しました。

端っこの縫い目の部分など、ほんのかすかに湿り気を感じる部分もありましたが、
自宅のソファーの上で広げておけば大丈夫なレベルと判断しました。

ということで、本日の乾燥機利用代金、900円。

シーツはともかく、羽毛の布団や、ダウンジャケットをクリーニングに出したら、
いったいいくらかかったことか・・・???

大・大満足です!


そうそう、羽毛布団を乾燥機で乾かすと、ダニ対策にもなるのでしたね。

次回はそのことについてレポートします。(←このマークをクリックしてください)

今後とも大田区上池台店をよろしくお願い申し上げます!



大型コインランドリー マンマチャオ 上池台店
https://plus.google.com/b/115813202570795947340/115813202570795947340/posts
http://www.lococom.jp/mt/si498736/
http://townnote.jp/11079722
http://www.ciao-net.jp/shops/140564464622.html
http://coinlkid.on.omisenomikata.jp/
[PR]
by coinl--kamiikedai | 2014-07-27 14:49 | Comments(0)